柿の葉寿司総本家・平宗の吉野本店です。奈良吉野名産の寿司・柿の葉すしや鮎すしをお作りしています。

総本家のこだわり

平宗 平井 直之

私たち平宗と柿の葉寿司との最初の縁は、明治時代のこと。
奈良・吉野で料理旅館を営んでいた当時、地元の家庭料理であった柿の葉寿司を、遠来のお客様にお出ししたのが始まりです。

その昔、山深い吉野では、海の魚は村人たちにとって貴重な食料でした。人々は、魚をいつまでも美味しく食べるために、熊野や若狭でとれた鯖の塩漬けを、ご飯と合わせ、抗菌・防腐作用に優れた柿の葉でくるみました。
この手法は、保存性と共に、格別の風味をも増したのです。
柿の葉寿司は、ひとえに「美味しい魚を食べたい」という、まっすぐな想いと知恵から生まれたものでした。

爾来、「平宗の柿の葉すし」は、伝統の鮎すしと共に、当店の看板商品として百数十年もの長きにわたり、皆様に愛され続けています。
時の流れと共に、流通や調理・保存技術は進歩し、人々の嗜好も変化してきました。
その間、私たちが試行錯誤を繰り返しながら、守り抜いてきたこだわりがあります。

総本家平宗看板

それは、寿司のルーツである「熟れ鮓」のエッセンスを残し、鮓本来の、懐かしい、伝統的な味を守ること。
命である食材は、天然・自然のものを、妥協せず吟味してご提供すること。
そして、製造、販売、接客など、サービスの隅々に至るまで、「美味しい押し鮨を食べたい」という、皆様の純粋な想いにおこたえし続けることです。
合理化・効率化という時勢の流れや、消費者ニーズの変化に対応しながらも、これらは決して失ってはならないものと心得ております。

今でこそポピュラーな食品となった柿の葉寿司ですが、この素晴らしい食文化を、文化たらしめるまでの時間と辛苦は、誰よりも重ねてきた自負があります。
おこがましくも「総本家」の名を冠する者として、私たちは、一個の柿の葉寿司にこめられた、先人たちの熱い想いと長い歴史を大切にして、これからも努めて参ります。

平宗 平井 直之

  • ホーム
  • 平宗本店について
  • 平宗物語
  • お料理
  • お取り寄せ
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 総本家のこだわり
  • 谷崎も愛した柿の葉寿司
  • 献上鮎すし
  • 往年のスターを魅せた味